産経WEST

【プロ野球】阪神・榎田と西武・岡本がトレード

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
阪神・榎田と西武・岡本がトレード

阪神の榎田大樹投手(左)と西武の岡本洋介投手 阪神の榎田大樹投手(左)と西武の岡本洋介投手

 阪神の榎田大樹投手(31)と西武の岡本洋介投手(32)のトレードが14日、両球団から発表された。先発の左投手が手薄な西武が、実績のある左腕を獲得した。

 榎田は鹿児島県出身で、社会人の東京ガスから2011年にドラフト1位で阪神に入団し、新人年は62試合に登板した。昨季は3試合の登板にとどまり、通算196試合で13勝17敗3セーブ、防御率3・90。

 和歌山県出身の岡本はヤマハから10年にドラフト6位で西武入り。先発、中継ぎともにこなす右投手で、通算成績は125試合で13勝16敗1セーブ、防御率4・80。

「産経WEST」のランキング