産経WEST

【虎のソナタ】突如乱調…藤浪、空を見ろ、空を! かつてピンチの江夏にヨッさんが…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
突如乱調…藤浪、空を見ろ、空を! かつてピンチの江夏にヨッさんが…

途中降板を告げられ、ベンチへ引き揚げる藤浪 途中降板を告げられ、ベンチへ引き揚げる藤浪

 筆者がガク然としたのはその、机の上のヘッドホン、携帯、パソコンなどのコードがごっちゃになって、もつれた状態と同じ。みると自慢のスコアブックも真っ黒けのケなのだ。

 なにしろ最近はテレビのスイッチをいれると財務省のメモがどうしたこうしたとズーッと分析ばかりしていて、もうそれだけで頭がパンクしそうになる。そこに期待していた藤浪大臣…違う、藤浪投手の乱舞はとても悲しいのであります…(俺が老化している現実をつきつけられて…だ)

 だから好漢藤浪晋太郎よ、たとえマウンドでアッというようなことがあっても、その時は空を見ろ、空を…。江夏豊はピンチに立つと遊撃手の吉田義男がマウンドに来て「江夏ッ、空を見ろ、空を…」と言われたそうだ。それより、もちっと点をとってぇな…と青空に浮かぶ白い雲を見つめてつぶやいたそうであるが…。

 14安打しながら5点の阪神。10安打で10点のヤクルト。3時間44分。1万1727人の吐息は甲子園の空にポツンと夏の小さな雲…。

 若い箭内(やない)桃子は、それでも時間が経つと「あ、今夜は竹村岳記者の1日早いお誕生日(14日)会で原田遼太郎記者も誘って焼き鳥パーティーをやります」だって。切り替えが早いヮ。若者は。なんならその“焼け鳥会”に藤浪君も呼んでやれよ?

関連ニュース

「産経WEST」のランキング