産経WEST

法人税6400万円を脱税 加古川市の配管工事業者を告発 大阪国税局

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


法人税6400万円を脱税 加古川市の配管工事業者を告発 大阪国税局

 法人税約6400万円を脱税したとして、大阪国税局が法人税法違反などの罪で、兵庫県加古川市の配管工事業「太志」と「ジーアンドティ」の実質経営者、江崎幸吉氏(70)=同市尾上町養田=と、法人としての両社を神戸地検に告発していたことが13日、関係者への取材で分かった。追徴税額は、重加算税を含め計約8600万円に上るとみられる。既に修正申告し、大半は納めたという。

 関係者によると、平成28年3月期までの3年間に水増しした外注工賃を経費計上。法人所得計2億6145万円を隠し、地方法人税を含む法人税計6432万円を免れたとされる。

 両社は、いずれも複数の取引先に水増しした請求書を作成させた上、水増し分の代金を支払わずに大半を現金で留保。一部を交際費などに充てていたという。

「産経WEST」のランキング