産経WEST

【福井・中2自殺】卒業式で母親から卒業生への手紙朗読「生きていれば何度もやり直せる」 同級生ら「ずっと一緒だよ」と寄せ書き

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【福井・中2自殺】
卒業式で母親から卒業生への手紙朗読「生きていれば何度もやり直せる」 同級生ら「ずっと一緒だよ」と寄せ書き

卒業式が行われた福井県池田町立池田中学校=13日午前 卒業式が行われた福井県池田町立池田中学校=13日午前

 また、同級生や在校生らに「つらいとき、悩んだときは、一番信頼できる人に話を聞いてもらってください。頑張ってもうまくいかないときは、その場から少し離れてもいいし、逃げることも悪いことではない」「再スタートができる時まで、ゆっくり待つことも恥ずかしいことではありません。生きていたら何度でもやり直すことができるのです」と伝えた。

 清水校長によると、校舎の玄関脇には「みんなで卒業 これからもずっと一緒だよ」と書かれた紙に同級生が寄せ書きし、21人で卒業したい気持ちを感じたという。今年1月に着任した清水校長は「ここにいてくれたら、将来どんな活躍をしたのかと、何回も思った」と男子生徒の死を悼んだ。

「息子はずっと2年生のまま…」母親、複雑な心境

 自殺した男子生徒の母親が13日、取材に応じ、同日の卒業式について「一人の生徒として見てくれているのはありがたいと思う。ただ(家族にとって)息子は2年生のままで、なんと言っていいか分からない」と複雑な心境を話した。

 卒業式に寄せた手紙は、同級生や保護者、教員らが集まる場として「これが最後の機会かもしれないという思いで書いた」と説明した。また、町や町教委などの再発防止策について「頑張ってくれているのは分かるが、防止につながるのかは、まだ疑問がある。学校も独自に調べ、改善してもらいたい」と述べた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング