産経WEST

【福井・中2自殺】卒業式で母親から卒業生への手紙朗読「生きていれば何度もやり直せる」 同級生ら「ずっと一緒だよ」と寄せ書き

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【福井・中2自殺】
卒業式で母親から卒業生への手紙朗読「生きていれば何度もやり直せる」 同級生ら「ずっと一緒だよ」と寄せ書き

卒業式が行われた福井県池田町立池田中学校=13日午前 卒業式が行われた福井県池田町立池田中学校=13日午前

 福井県池田町立池田中2年の男子生徒=当時(14)=が担任と副担任から厳しい指導や叱責を受け、自殺してから14日で1年。同中では13日、生徒の同級生20人の卒業式が行われた。式の会場には男子生徒の遺影が机に置かれ、男子生徒を含む21人に卒業証書が渡された。清水誠校長によると、答辞で女子生徒が「一緒に過ごした思い出を胸に、一歩一歩歩んでいきましょう」と述べた。また、男子生徒の母親が卒業生らに向けた手紙を寄せ、代理人の代読に生徒らは真剣に聞き入ったという。

自殺生徒に卒業証書

 式典は報道陣に非公開で、清水校長が終了後に説明した。同級生が男子生徒の遺影を持って入場。名前が順番に呼ばれ、最後に男子生徒の名前が呼ばれると、20人が「はい」と声をそろえて返事をし、男子が男子生徒の卒業証書を受け取った。

 答辞では、女子が「思い返すたびに胸が締め付けられる。一緒に過ごした日々は消えることはない。21人で過ごした思い出を胸に、人生を歩んでいきましょう」と述べた。

 続いて男子生徒の母親の手紙が朗読された。母親は県や町に対し「二度とこのような悲しい出来事が起きることがないようにしていただきたいと願っております」「命の大切さについて、子供たちと一緒に考える時間をできる限りでいいので作っていただけたらと思います」と記した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング