産経WEST

八丁味噌の老舗2社、農水省に審査請求へ 地域ブランド保護の枠組みから漏れた決定に不服

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


八丁味噌の老舗2社、農水省に審査請求へ 地域ブランド保護の枠組みから漏れた決定に不服

 地域の農林水産物をブランドとして守る地理的表示(GI)保護制度の対象に登録された愛知の豆みそ「八丁味噌」を巡り、枠組みから漏れた愛知県岡崎市の老舗2社が、農林水産省の決定を不服として審査請求することを決めた。14日に東京都内で記者会見を開き、発表する。

 2社は「まるや八丁味噌」社と「カクキュー」ブランドの「八丁味噌」社。本場の岡崎市八帖町で江戸時代から、木おけで2年以上熟成させる伝統製法を続けている。

 しかし、農水省は昨年12月、名古屋市などの醸造業者でつくる組合の申請を認めた。タンクで温度管理する近代的な製法も含まれる。

 2社は「製法基準が緩く、伝統的な八丁味噌の味が守られなくなる」と主張。地域の産品を保護するGIの趣旨に反すると訴えている。

「産経WEST」のランキング