産経WEST

【福井中2自殺】亡くなった生徒に卒業証書 「感謝するが、現実を受け入れらない」と母

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【福井中2自殺】
亡くなった生徒に卒業証書 「感謝するが、現実を受け入れらない」と母

 仏壇前に置かれた、男子生徒が受け取るはずだった福井県池田町立池田中の卒業証書=13日午後、池田町  仏壇前に置かれた、男子生徒が受け取るはずだった福井県池田町立池田中の卒業証書=13日午後、池田町

 中学2年だった男子生徒=当時(14)=が、担任と副担任から厳しい指導や叱責を受けて自殺した福井県池田町立池田中で13日、生徒の同級生の卒業式があり、清水誠校長や学校関係者3人が式の後、卒業証書やアルバムなどを生徒の自宅で母親に手渡した。母親は「感謝しているが、息子がいない現実はまだ受け入れられない」とうつむいた。

 校長によると、式には同級生が男子生徒の遺影を持って出席。卒業証書授与の際、男子生徒の名前が呼ばれると、20人が「はい」と声をそろえ、代表の男子同級生が男子生徒の卒業証書を受け取った。女子生徒は答辞で「大切な仲間を突然失ったが、亡くなった生徒の思いを胸に一歩一歩歩んでいきたい」と述べた。

 母親は卒業証書を受け取った後、取材に応じ「『つらくなったら逃げてもいい』と言ってくれる人を1人でも見つけてほしい。命は一つしかない」と卒業生と在校生に訴えた。

 12日に取材に応じた別の男子同級生は「(男子生徒と)もっと遊んで、一緒に卒業したかった」と肩を落としていた。

 男子生徒は昨年3月14日、校舎から転落死。同年10月、池田町が設置した調査委員会は、担任と副担任から厳しい指導を受けた精神的ストレスによる自殺と結論付けた報告書を公表した。

「産経WEST」のランキング