産経WEST

【福井中2自殺】地検捜査、処分は長期化か 担任と副担任らへの告発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【福井中2自殺】
地検捜査、処分は長期化か 担任と副担任らへの告発

 元検事の遠藤浩一弁護士は、行き過ぎた指導や叱責で生徒を自殺に追い込んだとして、教師が業務上過失致死容疑で告発された例は珍しいとし、「指導で生徒が亡くなる可能性を予見できたのかが捜査のポイント」と指摘している。

 福井の中2男子自殺

 平成29年3月14日朝、福井県池田町立池田中の校舎から、2年生の男子生徒=当時(14)=が転落死した。町教育委員会は同年10月、担任らから厳しい指導を受けた精神的ストレスが原因の自殺とする報告書を公表。生徒が担任に大声で怒鳴られ、目撃した別の生徒が「(聞いている者が)身震いするぐらいだった」と証言したことや、死亡前日に課題の未提出を副担任にとがめられ、過呼吸の症状を訴えていたことなどが明らかに。福井地検は今年1月、市民団体が提出した校長や担任らに対する業務上過失致死容疑の告発状を受理。県教委も校長や担任らの処分を検討している。

「産経WEST」のランキング