産経WEST

【福井中2自殺】地検捜査、処分は長期化か 担任と副担任らへの告発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【福井中2自殺】
地検捜査、処分は長期化か 担任と副担任らへの告発

 福井県池田町立池田中2年の男子生徒=当時(14)=が自殺した問題は、厳しい指導や叱責をした担任らに対する市民団体からの業務上過失致死容疑の告発を受け、福井地検が捜査している。県教育委員会も担任らの処分を検討中だが「捜査結果を考慮し判断したい」としており、長期化しそうな様相だ。

 町が設置した調査委員会は昨年10月、生徒の自殺は担任らから厳しい指導を受けた精神的ストレスによるものだとする報告書を公表した。だが12月、福井市の市民団体が「真相解明のため捜査機関に依頼した」と、当時の担任と副担任、校長に対する告発状を福井地検に提出。1月に受理された。

 告発状によると、担任と副担任は、生徒が過大な精神的打撃を受けないよう配慮する業務上の注意義務を怠って生徒を自殺に至らせ、校長は、担任らの指導が行き過ぎないよう監督する注意義務を怠ったとされる。

 県教委は担任らの処分について「新しい事実が明らかになる可能性があるため、地検の捜査を待ちたい」としている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング