産経WEST

【福井中2自殺】亡くなる前日、将来を語っていた息子 月命日に訪れる担任は「申し訳ありません」とだけ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【福井中2自殺】
亡くなる前日、将来を語っていた息子 月命日に訪れる担任は「申し訳ありません」とだけ

今年3月に2年の男子生徒が自殺した福井県池田町の町立中学校 今年3月に2年の男子生徒が自殺した福井県池田町の町立中学校

 昨年3月、福井県池田町立池田中2年の男子生徒=当時(14)=が、担任らから厳しい指導や叱責を受けて自殺してから14日で1年となった。亡くなる前日、自身の将来について初めて母親と祖母に語った生徒。13日には生徒が出席するはずだった卒業式が行われた。「生きていたら、高校生になっていたはずなのに…」。遺族の時間はあの日から止まったままだ。

 「『聞いている者が身震いするぐらい』担任に怒鳴られた」「課題の未提出を副担任にただされ、土下座しようとした」。昨年10月に町の調査委員会が公表した報告書には、生徒が追い詰められていく様子がつづられていた。

 生徒は「僕だけ強く怒られる。どうしたらいいか分からない」と母親に話したことはあったが、土下座しようとしたことなど学校から伝えられていなかったことも多かった。母親は「報告書がなかったら、息子の本当の苦しみは分からなかった」と振り返る。

 ただ担任と副担任からはいまだに直接、経緯の説明は受けていない。担任は昨年12月以降、月命日に生徒の自宅を訪れているが、「申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を繰り返すだけ。副担任は報告書の公表後、一度も面会に来ていないという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング