産経WEST

明治~昭和初期に生産「相楽木綿」復活、着物、はんてん、バッグなど作品展、京都・精華町で18日まで

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


明治~昭和初期に生産「相楽木綿」復活、着物、はんてん、バッグなど作品展、京都・精華町で18日まで

伝統技法で織られた相楽木綿の着物などが展示されている=京都府精華町の水景園観月楼ギャラリー月の庭 伝統技法で織られた相楽木綿の着物などが展示されている=京都府精華町の水景園観月楼ギャラリー月の庭

 京都府木津川市の相楽地区を中心に、明治から昭和10年代にかけて生産されていた相楽(さがなか)木綿を復活させた作品展が12日、けいはんな記念公園(同府精華町精華台)の水景園観月楼ギャラリー月の庭で始まった。途絶えた技術を復活させ、技術を継承する「相楽木綿の会」の会員らの作品約50点を展示。代表の福岡佐江子さん(61)は「多くの人に見に来てもらい、伝統の相楽木綿を知ってほしい」とアピールしている。18日まで。

 相楽木綿は、藍染めの紺地に赤や緑、白などの色糸と絣(かすり)を織り込んだ木綿織物で、肌触りがよく、華やかな美しさが特長。色糸と絣の組み合わせを変えることで、さまざまな模様の織物を作ることができる。この際、絣柄をきれいに合わせるのに技術と経験が必要だという。

 同会によると、かつて南山城地域では綿栽培が盛んで、明治以降は木綿織物を生産して京都や奈良、大阪、滋賀に供給していた。しかし、昭和10年代の戦時体制で糸などが不足し、生産が途絶えたという。

 復活のきっかけは平成16年に府立山城郷土資料館(木津川市)で開かれた相楽木綿の展示会だった。地元の女性らが集まり、17年に相楽木綿の会を結成。生産者の家族や高齢者からの聞き取りのほか、現存資料を基に試行錯誤して復活させた。現在は観月楼内の相楽木綿伝承館で日、月、木、金曜の週4回、大和機(やまとばた)など2種類の織機を使った機織り教室を開くなど、伝統技術の継承に力を入れている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング