産経WEST

【鬼筆のスポ魂】「サード大山」の重圧…「鳥谷先輩」に動いていただいた上に与えられたポジション

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鬼筆のスポ魂】
「サード大山」の重圧…「鳥谷先輩」に動いていただいた上に与えられたポジション

春季キャンプで三類の守備に取り組む大山(村本聡撮影) 春季キャンプで三類の守備に取り組む大山(村本聡撮影)

 俗にホットコーナーという。野球の三塁のポジションについてだ。三塁手はゴロを捕球した際に内野手で最も遠い一塁に送球するため時間の余裕がなく、確実な捕球能力と肩の強さと正確な送球能力がいる。右打者の痛烈な打球が飛んできやすいことなどから「ホット」なポジションといわれる。プロ野球では「ミスター」と称された巨人軍の長嶋茂雄の影響もあって花形のポジションとされている。

 今季の金本阪神の三塁はプロ入り2年目の大山悠輔(23)が守る。ルーキーイヤーの昨季は遊撃以外の内野の全ポジションと外野を守り75試合に出場。打率・237、本塁打7本、打点38だった。DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでは3試合で13打数7安打4打点と活躍。今年の春季キャンプでは当初、二塁に入っていたが、金本知憲監督が「打撃を生かしたい」と三塁に転向させた。白鴎大時代は主に三塁を守っていた。守備負担を軽くすることで将来の中軸打者に成長してくれる、と首脳陣が見込んでの抜擢だ。

 大山の三塁転向によって鳥谷敬は二塁に転向した。2年前に攻守で不振に陥った鳥谷はちょうど1年前に遊撃から三塁に移った。若手の北條史也を使いたかった金本監督は「同じ成績でも7対3で北條を使う」と明言。2004年のルーキーイヤーから13年間、遊撃を守っていた鳥谷に三塁転向を求めた。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング