産経WEST

父親殺害、山中に遺棄、長女が無罪主張 夫は認める 和歌山

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


父親殺害、山中に遺棄、長女が無罪主張 夫は認める 和歌山

 和歌山県田辺市の大工、場谷忠善さん=当時(50)=を平成28年12月に殺害し、山林に遺棄したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた長女の柴田幸江(24)と夫の大幸(ともゆき)(32)=いずれも田辺市=の両被告の初公判が13日、和歌山地裁(武田正裁判長)で開かれた。幸江被告は殺人罪について無罪を主張し、死体遺棄罪は起訴内容を認めた。大幸被告は起訴内容をいずれも認めた。

 検察側は冒頭陳述で「(両被告にとって)殺害には共通の利益があった」と指摘。幸江被告の弁護側は「場谷さんを殺そうとしたのは、大幸被告だけ」とし、大幸被告の弁護側は「反省し、後悔している」と情状酌量を求めた。

 起訴状によると、両被告は共謀し28年12月6日、就寝中の場谷さんの右肩を包丁で刺して殺害し、遺体を田辺市龍神村の山中に遺棄したとしている。

「産経WEST」のランキング