産経WEST

「ミス尾道」の19歳短大生、愛するのは「猫が散歩する路地」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「ミス尾道」の19歳短大生、愛するのは「猫が散歩する路地」

ミス尾道に選ばれた竹田依芙桂さん(右)と岡本百恵さん ミス尾道に選ばれた竹田依芙桂さん(右)と岡本百恵さん

 尾道観光協会は、尾道観光をPRする「2018ミス尾道」の選考会を開き、短大1年生の竹田依芙桂(いふか)さん(19)と会社員の岡本百恵さん(24)の2人を新たな“尾道の顔”に選んだ。今後さまざまな観光イベントでアシスタントを務めるための知識や立ち居振る舞いなどを研修。4月28日開幕の「尾道みなと祭」で現在のミス2人と交代し、平成32年の尾道みなと祭まで2年間の任期を務める。

 家族や友人に勧められて応募した竹田さんは「千光寺山や猫が散歩する路地、しまなみ海道の景色とサイクリングなど大好きな尾道のすてきなところを、少しでも多くの人たちに伝えたい」。日ごろのボランティア活動の延長として臨みたいという岡本さんは「尾道の魅力は、住んでいる人たちのやる気と活気。その魅力を発信していきたい」と話した。

「産経WEST」のランキング