産経WEST

放浪の画家・山下清に触発され-「東海道五十三次」歩き線画で風景画、堺在住アーティストが個展

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


放浪の画家・山下清に触発され-「東海道五十三次」歩き線画で風景画、堺在住アーティストが個展

作品について説明するAjuさん=堺市西区 作品について説明するAjuさん=堺市西区

 堺市西区在住の女性アーティスト、Ajuさん(28)が、東海道五十三次や京街道をたどりながら、東京から大阪まで計697キロを58日間かけて歩いて描いた線画などの個展を同区で開いている。

 Ajuさんは、0・05ミリのサインペンで綿密な風景の線画を描く画家。大学時代、相手の意図をくみ取りにくい「自閉症スペクトラム」と診断され、そのころから本格的に線画を描くようになった。これまで数々の個展を開き、仁徳天皇陵古墳など堺市の風景を描いた線画は、堺市消防局のポスターや手ぬぐいになるなどしている。

 平成28年3月から1年間東京で働き、その頃、放浪の画家、山下清が東海道五十三次を歩いて描いた作品に出合った。Ajuさんは「私も作品を描きながら歩きたい」と徒歩で自宅に帰ることにしたという。

 29年4月1日に東京・日本橋を出発、東海道から京街道を経て、堺市の自宅まで毎日15~20キロを歩きながら、小田原城(神奈川県)や寺田屋(京都市)、どこまでも続く山道や茶畑、寺や古民家など、印象に残った場所や風景を計61枚描いた。作品は道中、下宿先の恩師、永浜明子立命館大准教授に送っていたという。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング