産経WEST

診察せずに処方箋交付の疑い、医師と依頼者を書類送検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


診察せずに処方箋交付の疑い、医師と依頼者を書類送検

 診察をせずに処方箋を作成し、知人に交付したとして、三重県警鈴鹿署は12日、医師法違反の疑いで、同県鈴鹿市の医師(48)と、処方箋の交付を依頼した札幌市中央区の会社員(36)を書類送検した。会社員は、愛知県などで薬局を展開する会社の元取締役とみられる。

 書類送検容疑は昨年1月11日~3月3日、医師は会社員の依頼を受け、診察なしに18回にわたり7人分の処方箋を作成し、会社員に交付した疑い。会社員は処方箋に基づき薬局が出した薬を部下らに渡していたという。

 鈴鹿署によると、会社員は「外来処方と変わらないと思っていた」と供述。医師は違法との認識があったが「知り合いや患者のためと思った」と容疑を認めている。

「産経WEST」のランキング