産経WEST

元関電副社長、内藤千百里氏死去

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元関電副社長、内藤千百里氏死去

 元関西電力副社長の内藤千百里(ないとう・ちもり)氏が1月27日、心不全のため死去した。94歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、ひささん。

 昭和37年に関電の芦原義重社長(当時)の秘書となり、専務などを経て58年に副社長に就任。関西経済連合会会長も務めた芦原氏の側近として長く活動し、政財界に太いパイプを築いた。62年、関電の取締役会で小林庄一郎会長(当時)らの緊急動議により、名誉会長だった芦原氏とともに副社長を解任された。

「産経WEST」のランキング