産経WEST

北朝鮮、対話に傾く2つの理由…安倍首相の出番は 李相哲・龍谷大教授寄稿

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


北朝鮮、対話に傾く2つの理由…安倍首相の出番は 李相哲・龍谷大教授寄稿

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

 なぜ米朝は急に首脳会談開催に合意したのか。北朝鮮が対話に傾いた背景には2つの主な理由がある。まず、米国の軍事的脅威をかわす狙いだ。4月から開始される米韓合同軍事演習に対応するため、北朝鮮は全軍に準戦時体制をとらせることになる。戦車や戦闘機を動かし、部隊に物資を支給するなど備えなければならない。そのような体力がもはやないのではないか。

 米国が予告なしに北朝鮮に軍事行動をとることはなくても、いよいよ海上封鎖に踏み切ろうとしている。北朝鮮に出入りする船50隻に制裁を科す措置をとっている。これらに対抗するには「話し合い」に出て、状況を打開するしかない。最後のチャンスととらえたのだろう。

 もうひとつは外貨保有の問題だ。米ブルームバーグ通信によると、北朝鮮の外貨保有はこの秋に底をつくという。現在、北朝鮮は国家運営に必要な最低限の物資すら調達が難しくなっている。5月以降、食糧危機に直面する恐れもあり、今手を打たないと国内で混乱が生じるかもしれない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北朝鮮、対話に傾く2つの理由…安倍首相の出番は 李相哲・龍谷大教授寄稿

「産経WEST」のランキング