産経WEST

【森友文書】誰が、いつ、どう書き換えたのか…近財職員、表情厳しく「通常手続きでは絶対ありえない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【森友文書】
誰が、いつ、どう書き換えたのか…近財職員、表情厳しく「通常手続きでは絶対ありえない」

近畿財務局などが入る大阪合同庁舎第4号館。足早に入庁する人も=12日午前、大阪市中央区(前川純一郎撮影) 近畿財務局などが入る大阪合同庁舎第4号館。足早に入庁する人も=12日午前、大阪市中央区(前川純一郎撮影)

 学校法人「森友学園」(大阪市)との国有地取引をめぐり財務省が決裁文書を書き換えたとされる問題は、「捜査への影響」を理由に調査に後ろ向きだった財務省が12日、書き換えを認める調査結果を報告。国会答弁と矛盾しないようにしたとみられ、批判の声が高まっているが、いつ、誰がどのように書き換えたのか。時期やその内容などによっては、さらに批判が強まりそうだ。

 12日朝、決裁文書を作成した財務省近畿財務局の入る大阪合同庁舎(大阪市中央区)前には、多数の報道陣が詰めかけた。出勤する職員らはみな厳しい表情で、ほとんどは記者からの問いかけにも堅く口を閉ざし、「知りません」などと言葉少なに庁舎内へ入っていった。

 取材に応じたある職員は、書き換えについて「通常の手続きでは絶対にありえない」と話したが、「われわれ職員にも詳しい内容が知らされていない」と困惑した様子だった。

 一方、財務局の広報担当者は「本省(財務省)から情報が伝わっておらず、コメントできない」との回答を繰り返した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 誰が、いつ、どう書き換えたのか…近財職員、表情厳しく「通常手続きでは絶対ありえない」

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング