産経WEST

対馬・父娘放火殺人で39歳男に死刑求刑 長崎地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


対馬・父娘放火殺人で39歳男に死刑求刑 長崎地裁

 長崎県対馬市で平成28年12月、漁業、古川敬氏さん=当時(65)=と次女聖子さん=当時(32)=を殺害し、古川さん宅に放火したとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた元鉄工所経営、須川泰伸被告(39)の裁判員裁判が12日、長崎地裁(小松本卓裁判長)で開かれ、検察側は死刑を求刑した。弁護側が午後に最終弁論し、結審する予定。

 初公判で須川被告は起訴内容を否認。弁護側は「第三者が犯人の可能性がある」として、無罪を主張した。

 起訴状によると、28年12月6日午前から7日朝までの間に、対馬市内で古川さんの頭を鈍器で複数回殴り殺害し、古川さん宅で聖子さんも殺害。1階和室などにガソリンや灯油をまいて火を付け、全焼させたとしている。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング