産経WEST

「紛らわしい信号」で死亡事故、山口県が控訴 賠償命令に不服

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「紛らわしい信号」で死亡事故、山口県が控訴 賠償命令に不服

 山口市の市道交差点で、ミニバイクを運転中の男性=当時(23)=が乗用車と衝突し死亡したのは、信号機の表示が紛らわしく乗用車の運転手の不注意を招いたのが一因として、遺族が設置者の山口県などに損害賠償を求めた訴訟で、県は12日、約1800万円の支払いを命じた2月28日の山口地裁判決を不服として、広島高裁に控訴した。

 判決では、信号機は視認できるだけでなく運転手が瞬時に判断できる必要があると指摘。信号設置直後に起きた複数の事故から県には予見可能性があり、設置や管理に問題があったと判断した。

 県警監察官室は「上級審で適切な判断を求めていく必要があると判断した」としている。

「産経WEST」のランキング