産経WEST

大崎事件、高裁も原口アヤ子さんの再審開始 元夫も 被害者、事故死の可能性 福岡高裁宮崎支部決定

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大崎事件、高裁も原口アヤ子さんの再審開始 元夫も 被害者、事故死の可能性 福岡高裁宮崎支部決定

大崎事件で殺人罪などで服役した原口アヤ子さんの再審開始が認められ、福岡高裁宮崎支部前で垂れ幕を掲げる弁護士と喜ぶ支援者ら=12日午前 大崎事件で殺人罪などで服役した原口アヤ子さんの再審開始が認められ、福岡高裁宮崎支部前で垂れ幕を掲げる弁護士と喜ぶ支援者ら=12日午前

 鹿児島県大崎町で昭和54年、男性=当時(42)=の遺体が見つかった大崎事件の再審請求即時抗告審で、福岡高裁宮崎支部(根本渉裁判長)は12日、「事故死の可能性」に言及し、殺人罪などで服役した原口アヤ子さん(90)の再審開始を認める決定をした。昨年6月の鹿児島地裁決定を維持し、共犯者の自白の信用性を否定した。

 共犯とされた元夫(故人)についても認めた。検察側は期限の19日までに最高裁への特別抗告を検討する。

 原口さんは義弟中村邦夫さんの首をタオルで絞めて殺害し、牛小屋に遺体を遺棄したとして元夫と親族2人とともに逮捕された。当初から全面否認したが、一審鹿児島地裁で懲役10年とされ、56年に最高裁で確定した。

 確定判決は、知的能力に問題があった親族が「(原口さんから)犯行を持ち掛けられた」と自白し、この場面を目撃したとする義妹の証言から有罪と認定した。

 再審請求で弁護団は、供述内容を分析した心理学者の鑑定書を新証拠として提出。地裁決定はこの心理鑑定を重視し「自白は体験に基づかず、捜査機関の誘導によって変遷した疑いがある」として信用性を否定した。元夫の裁判のやり直しも認めた。

 検察側は即時抗告審で「心理鑑定は科学的と言えず、証拠価値がない」と主張していた。

 原口さんの再審請求は3度目。1次請求時の平成14年、鹿児島地裁が再審開始を認めたが、16年に高裁宮崎支部が取り消し、2次請求も退けられた。元夫については長女が再審請求していた。

「産経WEST」のランキング