産経WEST

「いじめ調査足りぬ」神戸・垂水の自殺生徒遺族が意見提出

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「いじめ調査足りぬ」神戸・垂水の自殺生徒遺族が意見提出

 神戸市垂水区で平成28年10月、市立中3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題を巡り、遺族は12日、市教育委員会が設置した第三者委員会の報告書に対する遺族の意見書に当たる「所見」を市教委に提出した。代理人弁護士が同日午前、市役所で市教委職員に手渡した。

 所見では、報告書を作成するまでの調査が不十分で、「いじめを生んだ生徒間の人間関係や学校の対応の問題点が明確になっておらず納得できない。本来なら調査を継続すべきだ」と訴えている。

 市教委は「報告書は第三者委が公平性を確保しながら調査した結果と考えている。所見と合わせ、速やかに市長に報告したい」としている。

 第三者委は昨年、生徒に対しいじめがあったことを含む報告書を遺族に提示。遺族は追加調査を要望したが、第三者委は拒否した。今後、遺族は市長に再調査を求める意向だ。

「産経WEST」のランキング