産経WEST

大分・別府温泉入湯税、市議会が大幅引き上げ可決

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大分・別府温泉入湯税、市議会が大幅引き上げ可決

温泉につかりながらジェットコースターや観覧車に乗れる「湯~園地計画」(大分県別府市のPR動画から) 温泉につかりながらジェットコースターや観覧車に乗れる「湯~園地計画」(大分県別府市のPR動画から)

 別府温泉を抱える大分県別府市の市議会は12日、温泉施設の宿泊客に課税する入湯税を大幅に引き上げる市条例の改正案を賛成多数で可決した。50~150円の税額を最大で全国最高額の500円とし、来年3月までに導入。年間1億5千万円の税収増を見込む。

■あの「湯~園地」で話題…

 大分県では来年、ラグビーワールドカップ(W杯)が開催され、訪問者の増加が見込まれている。2020年の東京五輪・パラリンピックによる訪日外国人客の増加も見据え、市幹部は「観光が基幹産業の別府市としては、この機会を逃せない」としている。

 宿泊・食事代が6001~5万円の場合は250円に、5万円超は500円となる。ただ、増税分の具体的な使途は決まっておらず、市は今後、新たに立ち上げる官民による組織で検討するとしている。

 広瀬勝貞知事は5日の定例会見で「別府は大分の要。入湯税をなぜ上げ、どのように使うのか、観光客の理解を得ることが大事だ」と話した。

▼「湯~園地計画」の動画(YouTube)

このニュースの写真

  • 大分・別府温泉入湯税、市議会が大幅引き上げ可決

「産経WEST」のランキング