産経WEST

【虎のソナタ】思わせぶりでコケティッシュなトラ なんぼ負けても巨人にさえ勝てば…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
思わせぶりでコケティッシュなトラ なんぼ負けても巨人にさえ勝てば…

東日本大震災から7年、試合前に黙祷する阪神・金本知憲監督ら阪神ナイン=甲子園球場 東日本大震災から7年、試合前に黙祷する阪神・金本知憲監督ら阪神ナイン=甲子園球場

 勝ちました! それも巨人に…。心配させやがって…それに“悪酔い”までしました…。そりゃ勝手に安酒をかっくらったからだろってか? ほっといて。

 何をキャピキャピいうとるんや? となりますが、昔からタイガースはほんまに思わせぶりでコケティッシュ(なまめかしい)で、こっちの気をひきますなぁ。

 いつまで負け続けるンや…ええぃ行くとこまで行ってみい…と腹をくくったら、大補強をして層が厚くなった巨人に向こうは阿部、坂本勇抜きとはいえスコンと勝つ。

 「なにしろ開幕戦の相手なんやからなぁ。足腰弱いという感じのものを見せたら、巨人は“上から目線”でかかってくる。オッと思わせておかんとナ」と、どことなく編集委員上田雅昭もホンの少し“ルンルン気分”の電話でした。

 記者席で本紙評論家板東英二さんとならんで座った上田に、板東さんは「なんぼ負けてもエエねん。そやけど阪神は巨人だけにはビシッと勝っとかなあかんねん」と力説していたそうだ。

 そして…試合は注文通りの“少しドキッとさせる”には十分でした。若虎たちは大胆不敵になって魅せたのです。

 オープン戦初勝利が巨人戦というのも、なんかスッとしますなぁ。

 どや? トラ番として初勝利の気分は? と若手の箭内(やない)桃子記者に声をかけてみたら彼女は「実はフト、2年前の神宮の阪神戦を思い出しました。人の運命ってわからないものですヮ…」とシミジミいう。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング