産経WEST

【東日本大震災7年】京都・与謝野町で防災訓練 “防災BBQ”でスイーツ作りも

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【東日本大震災7年】
京都・与謝野町で防災訓練 “防災BBQ”でスイーツ作りも

「防災BBQ」で作ったスイーツを食べる子供 「防災BBQ」で作ったスイーツを食べる子供

 東日本大震災の発生から7年を迎えた11日、京都府与謝野町加悦の町立加悦中学校で町の防災訓練が行われた。多くの町民が参加し、地震の揺れを疑似体験したり、救命講習を受けたりして、防災への心構えを新たにした。

 訓練では起震車による地震体験や、煙が充満した仮設テントを通り抜ける体験のほか、NTT災害用伝言ダイヤルの紹介、陸上自衛隊福知山駐屯地(福知山市)のカレーライス炊き出し、日本赤十字社の支援活動を紹介するパネルの展示など9コーナーが設けられた。

 そのうち、「防災BBQ(バーベキュー)」を紹介するコーナーでは、日本防災士会府支部のメンバーらが、スイーツ「カボチャとリンゴのコンポート」の作り方を紹介。小型のポリ袋にサイコロ状に切ったカボチャとリンゴ、砂糖を入れ、湯煎するだけで完成し、子供たちはおいしそうに食べていた。

 同支部の副支部長、森本隆さん(45)は「鍋も食器も汚れないから、被災地では喜ばれる。ポリ袋を使ってご飯も炊けるし、カレーも作れます」とアピールしていた。

「産経WEST」のランキング