産経WEST

【スポーツの裏話】今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツの裏話】
今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 

 リクエスト制度の導入は各球団にとって、守備の重要性を高めるきっかけにもなる。得点に直結する本塁のクロスプレーでは、捕手がしっかりと走者にタッチすることが重要。また、本塁以外のアウトの判定にも適用されるため、併殺プレーではベースから足が早く離れていないかもチェックの対象になるためた。

【ENEOS侍ジャパンシリーズ2018 野球 野球 オーストラリア代表対日本代表】 2回 松本剛の犠飛での三走・今宮健太の本塁に突入に対し、ビデオ判定をリクエストする稲葉篤紀監督 =京セラドーム大阪(撮影・長尾みなみ) 【ENEOS侍ジャパンシリーズ2018 野球 野球 オーストラリア代表対日本代表】 2回 松本剛の犠飛での三走・今宮健太の本塁に突入に対し、ビデオ判定をリクエストする稲葉篤紀監督 =京セラドーム大阪(撮影・長尾みなみ)

二遊間のアピール力が重要

 そうしたことから、併殺の機会が多い二遊間の重要性は高まっていく。今季の阪神は三塁でゴールデングラブ賞を取った鳥谷を二塁にコンバートする方針だが、そうした流れとも無関係とはいえない。

 リクエストが試合の勝敗も左右する可能性があるため、今季は監督の判断だけでなく、選手の正確なプレーも重要になっていきそうだ。

このニュースの写真

  • 今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 
  • 今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 
  • 今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 
  • 今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 

関連ニュース

「産経WEST」のランキング