産経WEST

【スポーツの裏話】今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツの裏話】
今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 

金本監督「失敗したら怖い」

 もし、判定が覆った場合は回数はカウントされないが、それでも、試合序盤での権利行使は躊躇しかねない。制度導入が決まったときから、阪神の金本監督も「多少の駆け引きはあるでしょう。あんまり使いすぎて、後から使えないとなったら困る。1回失敗した時が一番怖い」と話してきた。

 侍ジャパンの強化試合での今宮のように、当事者である選手のアピールは重要になってくるだろう。

【野球オーストラリア代表対日本代表(侍ジャパン)】二回、松本の外野フライで本塁を突いた今宮(左)。一旦はアウトを宣告されたが「リクエスト」でセーフに(甘利慈撮影) 【野球オーストラリア代表対日本代表(侍ジャパン)】二回、松本の外野フライで本塁を突いた今宮(左)。一旦はアウトを宣告されたが「リクエスト」でセーフに(甘利慈撮影)

 今季も制度導入にともない、リプレー検証が大幅に増えるのは間違いない。3月30日のシーズン開幕に向けて、オープン戦でも「リクエスト」が可能なため、各球団の監督や選手にとっては、シーズンに向けた重要な“テスト”の意味合いを持つ。オープン戦で12球団で初めて「リクエスト」をしたのが、楽天の梨田監督だった。

 3日の中日戦(ナゴヤドーム)で三回2死満塁から嶋が右前適時打。三塁走者に続き、二塁から今江が本塁に滑り込んだが、判定はアウト。指揮官がリクエストすると、リプレー検証の結果、判定はセーフに覆った。この場面も三回でまだ序盤だったが、やはり今江からのアピールがあった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 
  • 今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 
  • 今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 
  • 今季のプロ野球はリプレー検証が激増? 試合の勝敗を左右 選手のアピールもカギ 

関連ニュース

「産経WEST」のランキング