産経WEST

【企業の達人】「原発ストップでこんな危機に…」と衝撃 電力の安定供給を担う 関西電力中央給電指令所・高木淳さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【企業の達人】
「原発ストップでこんな危機に…」と衝撃 電力の安定供給を担う 関西電力中央給電指令所・高木淳さん

家庭や企業に電気を安定的に届けるために必要な需給調整業務にあたる高木淳さん(宮澤宗士郎撮影) 家庭や企業に電気を安定的に届けるために必要な需給調整業務にあたる高木淳さん(宮澤宗士郎撮影)

 暮らしに欠かせない電気を家庭や企業に安定的に届ける。当たり前のことのようだが、電力会社に課せられた最大の使命だ。関西電力の中央給電指令所に勤務する高木淳さん(47)は、その使命を支えるプロとして、電気の使用量と発電量のバランスを保つ需給調整を約20年間にわたって担当してきた。東日本大震災後には綱渡りの需給調整も経験。「決して電気を途絶えさせない」との思いを胸に日々の業務に励んでいる。(林佳代子)

 大阪市内にある関電の中央給電指令所。フロアには管内の発電所の稼働状況や送電網が表示された大型パネルが設置され、電力の需要を左右する天気予報や気温などの情報も逐一確認できるようになっている。

 その日の天候や時間帯によって刻々と変わる需要に対応するため、発電所の出力を24時間態勢で監視する「心臓部」で働くのは高木さんを含めて25人。5人で編成された班ごとに交代で発電所への指示と需要予測を担うが、勤務中は一つのミスも許されない重圧と隣り合わせだ。「何事もなく業務が終わることの方が珍しい」と高木さんは言う。

 高校卒業後の平成元年に技術職採用で関電に入社した。当初は社内の通信システムの保守管理を任されていたが、後に送電網を統括する基幹系統給電所(京都市)に異動。そこで7年に起きた阪神大震災を経験したことが転機になった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「原発ストップでこんな危機に…」と衝撃 電力の安定供給を担う 関西電力中央給電指令所・高木淳さん
  • 「原発ストップでこんな危機に…」と衝撃 電力の安定供給を担う 関西電力中央給電指令所・高木淳さん

「産経WEST」のランキング