産経WEST

職質に「殺すぞ」 発砲された刃物男を起訴 大阪

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


職質に「殺すぞ」 発砲された刃物男を起訴 大阪

刃物を取り出した男に警察官が発砲したJR京橋駅近くの現場=2月18日午後0時57分、大阪市都島区(恵守乾撮影) 刃物を取り出した男に警察官が発砲したJR京橋駅近くの現場=2月18日午後0時57分、大阪市都島区(恵守乾撮影)

 大阪市都島区のJR京橋駅近くで2月、警察官に職務質問された男が刃物を取り出し、発砲された事件で、逮捕された住所不定、無職、井手尾浄太(いでお・じょうた)容疑者(25)について、大阪地検は9日、公務執行妨害と銃刀法違反の罪で起訴した。

 起訴状によると、井手尾被告は2月18日昼ごろ、同区東野田町の路上で、巡回中の警察署員から職務質問を受けた際、持っていたバタフライナイフ(刃渡り約9・5センチ)を差し向けて「殺すぞ」と脅迫したなどとされる。

 制圧のために署員が至近距離から拳銃を1発発砲。井手尾被告の右太ももに命中したが、軽傷だった。

「産経WEST」のランキング