産経WEST

新燃岳、溶岩流が流出 警戒レベル3継続

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


新燃岳、溶岩流が流出 警戒レベル3継続

溶岩流の流出が確認された宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳の火口付近=9日午後0時38分(共同通信社ヘリから) 溶岩流の流出が確認された宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳の火口付近=9日午後0時38分(共同通信社ヘリから)

  気象庁は9日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)で火口の北西に溶岩流が流れ出たのを確認したと発表した。詳細は調査中としている。両県によると、人的被害は確認されていない。気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持し警戒を呼び掛けている。

 火口北西側は鹿児島県霧島市にあたり、市は情報収集している。担当者は「火口から約4キロまでは住宅はない」としている。

 気象庁によると、溶岩流はマグマが火口から流れ出て斜面を下る現象。新燃岳の溶岩流は粘性が高く、速度は遅いとしている。

 気象庁などによると、新燃岳では6~7日に爆発的噴火が計34回発生し、火口内では円形に盛り上がった「溶岩ドーム」が確認された。噴煙は一時、火口から約3千メートルの高さまで上昇し、長崎、熊本、宮崎、鹿児島の4県で降灰した。

 マグマが動くことで生じるとされる火山性地震は多い状態が継続しているという。

このニュースの写真

  • 新燃岳、溶岩流が流出 警戒レベル3継続
  • 新燃岳、溶岩流が流出 警戒レベル3継続

「産経WEST」のランキング