産経WEST

パナが滋賀工場の土地をアーク不動産に売却 50億円、3月末に閉鎖

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パナが滋賀工場の土地をアーク不動産に売却 50億円、3月末に閉鎖

パナソニックが太陽電池の生産を終了する滋賀工場=大津市 パナソニックが太陽電池の生産を終了する滋賀工場=大津市

 パナソニックが3月末で閉鎖する滋賀工場(大津市)の土地を、分譲マンションなどを手掛けるアーク不動産(大阪市)に約50億円で売却することが9日、分かった。月内にも契約を結ぶ。

 パナソニックは昨年9月、滋賀工場での太陽光パネルの生産を終了すると発表。跡地の活用法を検討してきたが、社内で別事業に転用するのではなく、売却することを決めた。

 滋賀工場では、パナソニックと経営統合した旧三洋電機が1980年代に洗濯機などの白物家電を生産。一時は約1300人が勤めていた。

 滋賀工場の閉鎖で、国内でパネルを組み立てる拠点は無くなるが、セルと呼ばれるパネルの基幹部品は島根県雲南市と大阪府貝塚市の工場で生産し、セル単体の販売を強化する。

「産経WEST」のランキング