産経WEST

【銀幕裏の声】あの「ビリギャル」著者が伝授 「どんな難関受験もこの言葉で突破できる」 “バクノビ”術とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
あの「ビリギャル」著者が伝授 「どんな難関受験もこの言葉で突破できる」 “バクノビ”術とは

「バクノビ」や「ビリギャル」。坪田さんのビリギャルシリーズはいずれもベストセラーだ 「バクノビ」や「ビリギャル」。坪田さんのビリギャルシリーズはいずれもベストセラーだ

 平成27年の大ヒット作「映画 ビリギャル」の原作の著者で学習塾「坪田塾」塾長、坪田信貴さんの新刊「バクノビ 子どもの底力を圧倒的に引き出す339の言葉」(KADOKAWA)が刊行された。“学年ビリ”だった女子高生の偏差値をわずか1年で40以上も上げ、難関の慶応大に合格させた“秘伝”の技を余すところなく披露。受験生だけでなく社会人にも参考になる言葉が満載だ。この339の言葉を実践できれば、どんな難関受験もクリアできそうだが、坪田さんの口から意外な言葉がもれた。「受験なんて失敗しても構わない。もっと大切なことが人生にはありますから…」。その真意を聞いた。   (戸津井康之)

「グチの多い子にはこの方法を!」

 「グチが多く、勉強から逃げ回る子供には、こう接してみてください」

 坪田さんの指導法はこうだ。

 「話は分かったからさ、とりあえず、この1問だけ解いてみようよ」

 問題が解けたら、「もう解けたんだ。すごいね。じゃあ次の問題をやってみようか」と何度も何度もほめながら、次のステージへと一緒に進んでいく。

 実はビリギャルことさやかさんも、塾に来た当初、家庭内のグチを延々と話し続けていたというが、坪田さんはグチを聞きながらもこの言葉で導いていった。ビリギャルは口を動かしながらもペンを持つ手も動かし続け、1年で英語の偏差値を40も伸ばしたのだ。

 この本の中には、ただ受験技術を身につけるための知識だけでなく、米国の大学で心理学を学み、人間のやる気を引き出す手法を編み出した坪田さんの「人材育成メソッド」のノウハウが凝縮されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • あの「ビリギャル」著者が伝授 「どんな難関受験もこの言葉で突破できる」 “バクノビ”術とは
  • あの「ビリギャル」著者が伝授 「どんな難関受験もこの言葉で突破できる」 “バクノビ”術とは

関連トピックス

「産経WEST」のランキング