産経WEST

【関西の議論】わずか1・3%!大阪市の「ゼブラバス」人気投票1位の秘密は…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
わずか1・3%!大阪市の「ゼブラバス」人気投票1位の秘密は…

6本の白いしま模様と赤い帯が特徴の復刻ラッピングとなったゼブラバス=大阪市北区 6本の白いしま模様と赤い帯が特徴の復刻ラッピングとなったゼブラバス=大阪市北区

 大都市・大阪を縦横無尽に走る大阪市バス。今年4月に民営化され、「大阪シティバス」と名称は変わるが、市民はもちろん観光や仕事などで大阪を訪れた人も、緑のラインが入ったクリーム色のおなじみの車体を目にしたことがあるだろう。そんな市バスに、“超レア”なデザインがあることはご存じだろうか。昭和30~40年代に活躍したデザインを復刻した通称「ゼブラバス」。約半世紀前のデザインながら、昨年度実施された人気投票では堂々の1位を獲得したほどだ。なぜそんなに人気なのか。理由を探ってみると、市交通局の計算と、大阪の成長とともに駆け抜けてきた市バスの歴史が浮かび上がってきた。(杉侑里香)

まさに神出鬼没

 2月のある日。大阪市内の幹線道路沿いを歩いていると、濃い緑色に白いしま模様と赤いラインが入ったレトロ風の見慣れないバスが走ってきた。

 「観光バスかな?」と思ったが、近づいた車体には大阪市の市章である「みおつくし」のマークが。電光表示板には路線番号や行き先が書かれており、市バスだと気づいた。

 大阪市交通局に尋ねてみると、明治36年の路面電車(市電)開業以来の市営交通110周年を記念し、平成26年にラッピングバスとして復刻、運行を始めたデザインなのだそうだ。「珍しいほうが話題を呼びそう」と市内7営業所に1台ずつのみ、計7台を配置した。

続きを読む

このニュースの写真

  • わずか1・3%!大阪市の「ゼブラバス」人気投票1位の秘密は…
  • わずか1・3%!大阪市の「ゼブラバス」人気投票1位の秘密は…

関連ニュース

「産経WEST」のランキング