産経WEST

わいせつの元教諭に実刑、男児の下半身触る 神戸地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


わいせつの元教諭に実刑、男児の下半身触る 神戸地裁

 神戸市立小で担任をしていたクラスの男児4人の下半身を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた元教諭、福良裕司被告(26)=懲戒免職=に神戸地裁(芦高源裁判長)は8日、「担任の立場を利用した卑劣な犯行で、児童の健全な成育に悪影響を与えた」として、懲役4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 被告は「膝の上にのせてくすぐり合いをしただけ」と無罪を主張していた。

 芦高裁判長は、児童4人の説明は「作り話とするのは難しい内容が含まれている」として信用できると判断。「被告は不合理な弁解を続け反省もない。信頼していた被告からの性的被害の刑事責任は重い」と厳しく批判した。

 判決によると、被告は平成28年から昨年にかけて、教室内で男児4人の下半身を触った。

「産経WEST」のランキング