産経WEST

“シカせんべい”じらされ人の手を噛む…奈良公園のシカ、人的被害が過去最多 中国人の相談6割超

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“シカせんべい”じらされ人の手を噛む…奈良公園のシカ、人的被害が過去最多 中国人の相談6割超

鹿せんべいを与える観光客=奈良市・奈良公園 鹿せんべいを与える観光客=奈良市・奈良公園

 奈良市の奈良公園で、観光客などが鹿にかまれるなどの被害に遭ったとの通報・相談数が今年度すでに過去最多を記録したことが6日、奈良県や民間団体「奈良公園のシカ相談室」の調べでわかった。6割以上が中国人観光客で、狂犬病感染を恐れての通報・相談が多いという。県は「国内では半世紀以上、狂犬病は発生しておらず、感染の心配はない」としながらも、外国語表記の看板を設置し、注意して鹿と接するよう呼びかけている。

 県によると、奈良公園と鹿苑には1498頭(昨年7月調べ)の鹿が生息。昨年4月1日から今年2月28日までに寄せられた人身被害の通報・相談は171件で、過去最多だった平成28年度の118件をすでに上回った。通報・相談の約8割が外国人観光客で、国別では中国人が116人だった。

 被害の原因は、鹿せんべいを与えるのをじらして腹や手を甘噛みされたり、突進されてけがをするケースが多いという。県によると、中国人の通報・相談が多いのは、今も中国内では狂犬病が存在し、噛まれて感染症を心配するためだとみている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング