産経WEST

答弁に矛盾、及び腰…森友問題で“失点”続きの財務省、新たな疑いが浮上するたびに対応が批判の的に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


答弁に矛盾、及び腰…森友問題で“失点”続きの財務省、新たな疑いが浮上するたびに対応が批判の的に

国会内で開かれた参院予算委理事会=6日午前 国会内で開かれた参院予算委理事会=6日午前

 このため、財務省は音声データについて当初、「捜査への影響」を理由にデータの真偽自体を明言しなかったが、後にやり取りの事実を認めた。財務省理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)国税庁長官が国会で「価格交渉はなかった」と答弁していたことから、矛盾を疑わせるとして紛糾した。

記録破棄?

 文書の保存をめぐっても、財務省の対応は批判にさらされた。

 近畿財務局が今年、神戸学院大の上脇博之(ひろし)教授の情報開示請求に応じて国有地売却の関連文書を開示した。法律上の問題点について、財務局の交渉担当者と法務担当者が検討した文書だが、「価格を学園に提示して買い受けの可否を判断させるなどの調整が必要」「できる限り学園との事前調整に努める」との記載があり、学園側との交渉内容も含まれていた。

 佐川氏が国会で「交渉記録は廃棄した」と説明していたことから、野党側は「虚偽答弁だ」と非難。佐川氏の証人喚問を求めた。

書き換え?

 そして今回、取引の決裁文書が問題発覚後に書き換えられ、国会議員に提示された疑いがあるという朝日新聞の報道が出た。事実なら公文書を作り替えたことにもなるが、財務省は「大阪地検の捜査にどのような影響を与えるか予見しがたいため答弁を差し控える」と繰り返してきた。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング