産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】V確実! 金本監督も「95点!」仕上がり上々チームで囁かれる“唯一の不安”は

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
V確実! 金本監督も「95点!」仕上がり上々チームで囁かれる“唯一の不安”は

ブルペンで投球する阪神のランディ・メッセンジャー=沖縄県宜野座村、かりゆしホテルズボールパーク宜野座(水島啓輔撮影) ブルペンで投球する阪神のランディ・メッセンジャー=沖縄県宜野座村、かりゆしホテルズボールパーク宜野座(水島啓輔撮影)

 メッセンジャー不安説の解消こそオープン戦の最重要案件です。阪神は春季キャンプを打ち上げオープン戦に突入。金本知憲監督(49)はキャンプ総括で「これまでのチームでは一番、今が強いと思います」と手応えを表明しました。しかし、チーム内には今季で来日9年目のシーズンを迎えるランディ・メッセンジャー投手(36)への不安説が漂っているのです。キャンプ終盤の右肩の張り、ブルペンでの内容…。4年連続5度目の開幕投手が内定している右腕にもし? があればV候補という前評判も吹っ飛ぶ事態になります。

■当コラム何度も指摘の通り、投も打も「優勝に最接近は阪神」だが

 指揮官の言葉が今のタイガースを最も表しているでしょう。2月28日の春季キャンプ打ち上げ。金本監督は1カ月に及ぶキャンプを総括してこう語りました。

 「僕は優勝、優勝とあまり軽く言うものではないと思っていますが、本当に、これまでのチームでは一番、今が強いと思います。われわれ監督、コーチがしっかりと選手を見てやりながら優勝に向かってやっていきます」

 監督就任後3度目の春季キャンプでした。過去2年と同様に「生え抜きの若手育成」を大きなバックボーンとして臨み、日々激しく厳しい練習に明け暮れたわけです。その結果として金本監督は昨年は「80点」と多少の上げ膳で語った採点を今年は「90~95点」と“控えめ”に付けたのです。

 前回のこのコラムでも書きました。「阪神は優勝に最も近い」と-。あくまでも他球団との比較論で言うと阪神は絶対にAクラスの戦力です。優勝を狙える戦力です。全てのセ・リーグ球団のキャンプ地に足を運んで取材した結論ですね。

 打線は新外国人ロサリオが前評判通りの打撃を披露しました。キャンプ終盤の紅白戦では右腕のサイドハンド桑原とも対戦しました。日本で活躍できるかどうかの試金石になる対戦でした。外角低め、外に逃げるスライダーにどう対応するか。3年前まで在籍していたゴメスはバットのヘッドが止まらず、結局は波の大きい打撃でした。しかし、ロサリオはじっくりと球を見極めて四球を選んだのです。左翼方向への迫力満点の放物線だけではなく、右方向にも打てる柔軟性。現時点で4番は当確でしょう。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング