産経WEST

新幹線長崎ルート全線フル化に違和感 佐賀知事、長崎の要望に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


新幹線長崎ルート全線フル化に違和感 佐賀知事、長崎の要望に

 佐賀県の山口祥義知事は1日の県議会で、県内を通る九州新幹線長崎ルートの全線フル規格化を求める長崎県などの動きを念頭に「国からフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入を断念したとは聞いていない。これまでの決まりや合意にないことが声高に主張されることには違和感がある」と述べた。

 長崎ルートはFGT導入を前提に、武雄温泉-長崎は新幹線の規格であるフル規格として整備することで国や両県を含む関係者で合意していたが、FGTの開発が難航し、運行方式が不透明になっている。今後はミニ新幹線も含む3方式が改めて比較検討されるが、多額の負担が生じるとしてフル規格化に反対する佐賀県と、長崎県や一部沿線自治体の主張が平行線をたどっている。

 山口氏は、長崎県の中村法道知事から会談の要請があれば「内容を問わず会って話をする」としながらも、「フル規格化は現実的ではないという認識は変わらない」と強調した。

「産経WEST」のランキング