産経WEST

【関西の議論】家庭に潜む重大リスク…ドラム式洗濯機で5歳男児窒息死 子供の命守る手立ては

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
家庭に潜む重大リスク…ドラム式洗濯機で5歳男児窒息死 子供の命守る手立ては

命にかかわる-大事なのは大人の意識

 子供は好奇心が旺盛で大人が思いもよらない行動を取りがちだ。ハード面の見直しだけでは不慮の事故を完全に防げない。

 消費者庁は(1)子供が勝手に入らないよう、使っていないときでも必ずふたを閉める(2)チャイルドロック機能がない洗濯機では、ふたにゴムバンドをかけるなど工夫する-といった対策を挙げている。

 業界団体の日本電機工業会によると、今や国内メーカーの多くのドラム式には内側から開けられる機能がついているという。

 それでも担当者は「幼い子供にとって洗濯機はそもそも危ないものだ」と指摘。「チャイルドロックは有効だが、100%安全とは言い切れない。子供を洗濯機のそばに近づけないように各家庭で注意してもらうことが何より大事だ」と話す。

 国民生活センターも「親の注意を理解できる年齢の子供には、ドラム式の中に入れば息ができなくなることなどの危険性をよく説明してほしい」と、子供に直接伝えることの重要性を訴えた。

「産経WEST」のランキング