産経WEST

万博記念公園の梅林が三分咲き

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


万博記念公園の梅林が三分咲き

開花が遅れていた吹田市の万博記念公園の梅林 開花が遅れていた吹田市の万博記念公園の梅林

 暖かい日差しに恵まれた24日、開花が遅れていた吹田市の万博記念公園の梅林で、紅白の花々が早いもので3分咲きになり、待ちかねた観梅客らでにぎわった=写真。3月上旬が見頃になりそうだという。

 同公園の自然文化園の梅林(約5500平方メートル)には約120品種約600本、日本庭園の梅林(約1500平方メートル)には約40品種約80本の梅が栽培されている。

 公園の総合案内所によると、寒波の影響で梅の開花が大幅に遅れ、この日でようやく3分咲きの状態に。自然文化園の梅林では白梅の「初(はつ)雁(かり)」や紅梅の「八(や)重(え)寒(かん)紅(こう)」などが花を咲かせ、来園客らが熱心に写真撮影をしていた。

 「万博記念公園梅まつり」は3月18日まで開催されており、園内でミニコンサート(3月4、11日)や能勢人形浄(じょう)瑠(る)璃(り)「鹿(ろっ)角(かく)座(ざ)」特別公演(4日)などがある。

 問い合わせは同案内所((電)06・6877・7387)。

「産経WEST」のランキング