産経WEST

【今週の注目記事】ジョン・ウー監督を大阪へ呼んだ男 近鉄電車逆走の要求にも… 映画「マンハント」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
ジョン・ウー監督を大阪へ呼んだ男 近鉄電車逆走の要求にも… 映画「マンハント」

ウー監督(左から2人目)と打ち合わせする福山(同3人目)。2人とも“大阪好き”を公言する (C) 2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved. ウー監督(左から2人目)と打ち合わせする福山(同3人目)。2人とも“大阪好き”を公言する (C) 2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.

 大阪を映画ロケ地の聖地に-。世界で活躍するジョン・ウー監督が日本を代表する人気俳優、福山雅治を主演に抜擢し、大阪で大掛かりなロケを敢行した映画「マンハント」が全国で公開中だ。大阪府や市、大阪府警が全面協力した初の海外大作。あべのハルカスや大阪上本町駅、堂島川など大阪の街並がふんだんに登場するが、同駅を閉鎖し電車を“逆走”させるなど裏方として尽力、大阪誘致を成功させた“仕掛け人”がいる。近鉄グループホールディングス広報部の福原稔浩さん(61)。「世界規模の大作映画は大阪の魅力を世界に知ってもらうチャンス。次作のロケ誘致の可能性も広がり、インバウンド(訪日外国人旅行)効果は計り知れない」と福原さんは期待を込める。その舞台裏を追った。  (戸津井康之)

世界の巨匠を大阪へ呼べ

 「大阪で新作の撮影を構想中だがロケは可能か?」

 トム・クルーズ主演のハリウッド・アクション大作「ミッション・インポッシブル2」などで知られるウー監督のエージェントから、福原さんに連絡が入ったのは平成27年秋。

 新作の構想とは、ウー監督が敬愛する高倉健主演の名作「君よ憤怒の河を渉れ」(昭和51年)をオマージュしたリメーク作だった。

 香港ノワール(犯罪映画)の傑作「男たちの挽歌」シリーズでチョウ・ユンファが演じた二丁拳銃の銃撃戦や、「ミッション-」でクルーズが演じたバイクの追跡シーンなど斬新なアクションを得意とするウー監督。

続きを読む

このニュースの写真

  • ジョン・ウー監督を大阪へ呼んだ男 近鉄電車逆走の要求にも… 映画「マンハント」
  • ジョン・ウー監督を大阪へ呼んだ男 近鉄電車逆走の要求にも… 映画「マンハント」
  • ジョン・ウー監督を大阪へ呼んだ男 近鉄電車逆走の要求にも… 映画「マンハント」
  • ジョン・ウー監督を大阪へ呼んだ男 近鉄電車逆走の要求にも… 映画「マンハント」

関連ニュース

「産経WEST」のランキング