産経WEST

全長70メートル、日本一危険な滑り台撤去 愛媛・今治市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


全長70メートル、日本一危険な滑り台撤去 愛媛・今治市

今治市が撤去する方針を明らかにした「朝倉緑のふるさと公園」の滑り台=22日、愛媛県今治市 今治市が撤去する方針を明らかにした「朝倉緑のふるさと公園」の滑り台=22日、愛媛県今治市

 愛媛県今治市は、「日本一危険な滑り台」としてテレビやインターネットで話題となった「朝倉緑のふるさと公園」の滑り台について、安全確保が難しいなどとして撤去する方針を明らかにした。平成30年度当初予算案に撤去費と代替遊具の設置費計1180万円を計上した。

 滑り台は全長約70メートル、平均傾斜角度は約27度。滑り方によっては猛スピードが出て、降り口から勢いよく飛び出すことがある。安全に滑れるよう改修するためにはより多額の費用がかかるため、改修は断念した。

 近年、危険な滑り方をしてネットに動画を投稿する若者などが増え、市は28年9月に使用を禁止。同10月、利用者と周辺の人がぶつからないよう安全対策を取って再開したが、29年4月、親族と一緒に遊んでいた2歳男児が転落防止柵に額をぶつけ、10針縫うけがを負い、再び使用を禁止していた。

「産経WEST」のランキング