産経WEST

【夕焼けエッセー・1月月間賞】大阪府八尾市、小森ちあきさん(52)「感謝を伝えるおもちゃの電話」 友人は今も彼女の中に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夕焼けエッセー・1月月間賞】
大阪府八尾市、小森ちあきさん(52)「感謝を伝えるおもちゃの電話」 友人は今も彼女の中に

1月月間賞の小森ちあきさん 1月月間賞の小森ちあきさん

 「夕焼けエッセー」の1月月間賞は、大阪府八尾市の小森ちあきさん(52)=写真=の「感謝を伝えるおもちゃの電話」(25日掲載)に決まった。20年前に亡くなった友人の当時5歳だった娘と、筆者との交流を、かつてプレゼントした「おもちゃの電話」を通して、温かく描いた。選考委員は作家の眉村卓さん、玉岡かおるさん、丸橋茂幸・産経新聞文化部長。

 小森さんの話「受賞を聞いて、友人の娘の顔が浮かび、思わず涙が出ました。容姿だけでなく涙もろいところも友人によく似ている彼女は、紙面を見て『うれしい』と泣いていました。他人の悲しみがわかる、友達の多い子です。あの電話をまだ大切に持っていることを知り、今も友人は彼女の中で生きているんだと感じました。『悲しみもいつか受け入れられるときがくる』と伝えることが、文章を書く原点です」

■「感謝を伝えるおもちゃの電話」

 友人の娘が仕事の転勤で他県から大阪にやってきたので、その引っ越しを手伝いに行った。生まれたときから知っている彼女も今はもう25歳。素直に美しく成長してくれた彼女は、若いときの友人の面影をしのばせる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング