産経WEST

【将棋】藤井六段、昇段後最初の対局 王座戦2次予選、奨励会の名物幹事、畠山鎮七段

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
藤井六段、昇段後最初の対局 王座戦2次予選、奨励会の名物幹事、畠山鎮七段

王座戦2次予選で畠山鎮七段(左)との対局を前に駒を並べる藤井聡太六段=23日午前、大阪市福島区の関西将棋会館 王座戦2次予選で畠山鎮七段(左)との対局を前に駒を並べる藤井聡太六段=23日午前、大阪市福島区の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)と畠山鎮(まもる)七段(48)との王座戦2次予選の対局が23日午前、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。藤井六段が17日に史上最年少で六段に昇段して以来、最初の対局となる。

 藤井六段は17日に朝日杯将棋オープン戦本戦準決勝で羽生善治棋聖(47)=竜王=を、決勝戦で広瀬章人(あきひと)八段(31)をそれぞれ破り、15歳6カ月の最年少優勝記録を樹立。1日に五段に昇段してからわずか16日で六段になった。

 公式戦通算成績は66勝11敗で、現在11連勝中だ。今年度の対局数、勝数、勝率、連勝数の4部門で全棋士中トップとなっている。

 一方の畠山七段は、畠山成幸(なるゆき)八段(48)の双子の弟で、昨年の棋聖戦の挑戦者になった斎藤慎太郎七段(24)の師匠だ。奨励会幹事を務めたこともあり、あいさつや礼儀作法なども徹底し、名物幹事として知られた。

 午前9時40分ごろ、畠山七段に続いてスーツ姿の藤井六段が「おはようございます」と一礼して対局室に入った。振り駒の結果、藤井六段は後手番。畠山七段は角道を開け、藤井六段はいつものようにお茶を一服して飛車先の歩を突いた。持ち時間は各5時間で、終局は夜になる見通し。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング