産経WEST

「太閤の湯殿館」で倒れた男性死亡 神戸・有馬、付近でガス発生か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「太閤の湯殿館」で倒れた男性死亡 神戸・有馬、付近でガス発生か

 神戸市北区有馬町の歴史資料館「市立太閤の湯殿館」で21日夜、男性が倒れて意識不明になる事故があり、兵庫県警有馬署は22日、男性の死亡が確認されたと発表した。男性は神戸観光局職員、新田和久さん(48)で、同署は死因を特定するとともに、付近でガスが発生した可能性もあるとみて調べる。

 同署などによると、施設は神戸観光局が運営。職員の新田さんは施設内に迷い込んだネコを見に行った際、展示されている「岩風呂遺構」の近くで倒れた。現場ではネコも倒れて死んでおり、市消防局の調査で、周辺の酸素濃度が低下していたことが判明した。

 現場の遺構は豊臣秀吉が築いたとされる「湯山御殿」の一部という。

▼【関連ニュース】太閤・豊臣秀吉の「大坂城」は石垣の頂点…あの築城名人・高虎の点と線

「産経WEST」のランキング