産経WEST

「強固な殺意あった」暴力団幹部に懲役16年 解体業男性殺害

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「強固な殺意あった」暴力団幹部に懲役16年 解体業男性殺害

 宮崎市で平成28年、宮城県岩沼市の解体業、本田真一さん=当時(43)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた指定暴力団神戸山口組系幹部2人の判決で、宮崎地裁(岡崎忠之裁判長)は22日、藤野悟被告(36)に懲役16年、田中克明被告(40)に懲役14年を言い渡した。求刑はいずれも懲役20年だった。

 判決理由で岡崎裁判長は、交友関係を巡ってけんかになり、刃物で刺したと指摘。「傷の深さは約20センチに及び、強固な殺意があった」と述べた。

 弁護側は、藤野被告は「被害者の暴行から身を守るために刺した。過剰防衛が成立する」とし、田中被告については無罪を主張していたが、岡崎裁判長はいずれも退けた。

 判決によると、両被告は共謀し16年8月19日、宮崎市の駐車場などで本田さんの腹を刃物で刺し殺害した。

「産経WEST」のランキング