産経WEST

大阪IR構想に医療ツーリズムを提案 米運営大手シーザーズ、関西の先端技術と連携

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪IR構想に医療ツーリズムを提案 米運営大手シーザーズ、関西の先端技術と連携

 【ラスベガス=中山玲子】カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を米ラスベガスなどで運営する大手事業者、シーザーズ・エンターテインメントとウィン・リゾーツの両最高経営責任者(CEO)が20日、産経新聞の単独インタビューに応じた。シーザーズのマーク・フリッソーラCEOは、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)でのIR開発構想に参画できれば、関西の医療施設と連携した医療ツーリズムを展開する考えを明らかにした。

 すでに医療機関と協議

 医療ツーリズムは近年、アジアの富裕層を中心に利用が拡大しており、フリッソーラ氏は「知名度が高い関西で、レベルの高い医療関連技術を生かせば、中国などから多くの集客が期待できる」と述べた。

 シーザーズは再生医療など先端医療研究が盛んな関西の力を生かす方針で、すでに複数の医療施設と協議し、提携先候補のリストも作成しているという。

 またフリッソーラ氏は、「検診後にIR施設でおいしい食事や、魅力あるショー、スパ(入浴施設)などを楽しめる」と述べ、医療ツーリズムとIRの連携効果を強調した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング