産経WEST

暴力団幹部射殺で懲役30年 男2人に 名古屋地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


暴力団幹部射殺で懲役30年 男2人に 名古屋地裁

 名古屋市中区のマンションで平成28年7月、指定暴力団神戸山口組傘下組織の幹部を射殺したとして、殺人の罪などに問われた指定暴力団山口組弘道会傘下組織の幹部ら男2人に対する裁判員裁判で、名古屋地裁は20日、それぞれに懲役30年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。

 2人は弘道会系組織幹部の片倉竜理被告(48)=名古屋市中川区=と元山口組系組員、三井樹被告(46)=大阪市西成区=で、共犯者とされ、勾留中に死亡した男=当時(65)=の供述の信用性が争点だった。

 奥山豪裁判長は男が事件について知人に告白した内容と取り調べでの供述が一貫することなどから「本来の記憶に基づいたものとして信用できる」と指摘。愛知県警捜査員が差し入れの仲介をするなど不適切な取り調べがあったものの「検察段階の調べの任意性に疑いはない」と判断した。

 その上で奥山裁判長は「計画性が高く、極めて危険で冷酷な犯行。近隣に与えた不安も大きい」と述べた。

 判決によると、2人は共謀して28年7月15日、マンションの一室で拳銃を発砲し、神戸山口組傘下組織の斉木竜生幹部=当時(64)=を殺害。直後に近くの駐車場で逃走に使った車両に放火した。

「産経WEST」のランキング