産経WEST

奈良の中学生DJ、史上最年少で「金メダル」 緩急自在、世界をうならせたセンスとテクニック

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良の中学生DJ、史上最年少で「金メダル」 緩急自在、世界をうならせたセンスとテクニック

「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2017」での演奏シーン=平成29年8月26日(DJ RENA提供) 「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2017」での演奏シーン=平成29年8月26日(DJ RENA提供)

 平昌五輪での日本人選手のメダルラッシュに沸く中、国際大会で“金メダル”を取った少年が奈良にもいる。世界ナンバーワンDJを決める大会「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS」で、史上最年少で優勝を果たした同県大和郡山市の中学1年生、「DJ RENA」こと林玲那(れな)さん(13)。無限の可能性を秘めた少年はずば抜けたセンスと技術で、世界の音楽シーンに旋風を巻き起こす。

権威あるロンドンでの大会で

 DJの最高峰を決めるDMC世界大会。30年以上の歴史を持ち、数ある大会の中でも最も権威があるとされる。昨年10月に英ロンドンで開かれたこの大会に林さんは出場。世界中から集まったアーティストや観客を前に、ゆったりと体でリズムを刻みながら、華麗な手つきでターンテーブルとミキサーを操った。子供とは思えない緩急の効いた圧巻のパフォーマンスに、会場からは惜しみない歓声と拍手が送られた。

 玲那さんがDJと出合ったのは8歳のとき。3歳から習っていたヒップホップダンスのイベントに参加した際、目の前で見たDJパフォーマンスの格好良さに魅了された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 奈良の中学生DJ、史上最年少で「金メダル」 緩急自在、世界をうならせたセンスとテクニック

「産経WEST」のランキング